ユニバーサルバーンマシンはひねりを加えるのが特徴!-ユニバーサルバーンマシン偽物注意…正規輸入元サイトが安心♪

ユニバーサルバーンマシンはひねりを加えるのが特徴!

ユニバーサルバーンマシンは、MLBのBoston Red SoxやNBAのBoston Celtics、NFLのSan Francisco 49ersなどの海外のトップチームが導入しているトレーニング器具で、スピードとスタミナ、筋肉を同時に鍛えることが可能です。

これは、中心部の重りが左右に変動することにより、バランスの取れたトレーニングを実現できるからです。

また、360度回転するので、胸・背中・腕・脚と全身をくまなく鍛え上げることが出来ます。

なお、ユニバーサルバーンマシンは、ひねりのある動きに加えて加重するという仕組みで、通常のダンベルトレーニングでは体感することが出来ないエクササイズが可能です。

これにより、わずか数十秒間で腕はぱんぱんになり、脚を動かすことなくトレーニングを行えるので、時間も場所も必要ありません。

さらに、ユニバーサルバーンマシンは、トレーニング中に大きな音を出すこともありません。

また、持ち運びにも便利であり、準備や後片付けを簡単に行うことが出来ます。

このために、自宅の室内でのエクササイズが可能で、誰にも気づかれないうちにムキムキになることも不可能ではありません。

ちなみに、ひねりのある動きに加重するという仕組みは、非常に効率的に筋肉を増強することが判明しています。

法政大学の協力のもとにユニバーサルバーンマシンの効果について検証したところ、僧帽筋や三角筋のRMS値平均値は最大で7倍になるという結果が確認されています。

このために、本場のアメリカではMMAやボクサーがパンチの回転数の増加やスタミナの向上などを目的として、このひねりを加えることが特徴のトレーニング器具を活用しています。

具体的なファイターの名前としては、K1などで活躍したBobo Sapp、UFCで世界ライト級王者に輝いたSean Sherk、同じくUFCで活躍したMike ""Quick"" Swickなどが代表的な存在です。

このように魅力的なユニバーサルバーンマシンの使い方は、本体を身体と水平になるまで持ち上げてグリップを回転させるだけという簡単な内容です。

約10キログラムの重量を支えることにより、二の腕や肩回り、胸部の筋肉に効率的な刺激を加えます。

また、重量挙げのように使うことも可能で、この場合は特に僧帽筋の鍛錬に効果的です。

さらに、別売りのアダプターを装着すれば最大で約100キログラムまで加重できるので、トレーニングがマンネリになることはありません。

つまり、鍛えれば鍛えるほど強くなれるということになります。

一方、ユニバーサルバーンマシンは38,000円と非常にリーズナブルな値段で提供されており、スポーツジムに通うのとは比較にならないほどコストパフォーマンスは優秀です。

仕事が忙しくてトレーニングをする時間が取れない人やお金をかけずに筋力アップを実現したい人には特にオススメできる内容を備えています。

ただし、気を付けなくてはならない点もあります。

それは、人気の商品ということで類似品や模倣品が販売されているケースが増加しているということです。

これらは、ひねりを重視するという仕組みまではコピーできていないので、同様の効果を得ることは出来ません。

特に、あり得ないほどの低価格で提供している商品については、十分な注意が必要です。

このようなトラブルに巻き込まれないようにするためには、オークションや大手通販ショップではなく、The Burn Machineの公式サイトから購入するのが最も適当です。

簡単な手続きで注文できるので、誰でも問題なく購入することが出来ます。

もちろん日本語対応のサイトで、英語が分からなくても大丈夫です。